• ホーム
  • ジネット35はダイアン35のジェネリック!効果や成分に違いはあるの?

ジネット35はダイアン35のジェネリック!効果や成分に違いはあるの?

薬を飲んでいる女性

ジネット35は海外でも知られている低用量ピルのダイアン35のジェネリック医薬品で、同じ成分や効果ですが価格の面で安く購入することができます。副作用も少なく小柄な体型のアジア人に向いている、服用しやすい低用量ピルになっています。有効成分はダイアン35と同様で酢酸シプロテロンという黄体ホルモンが配合されており、エチニルエストラジオールという卵胞ホルモンを含有しています。

インドに拠点のある大手製薬会社から販売されていますが、ジェネリック医薬品で有名な会社になります。女性機能に対する発達や妊娠・出産や身体機能などに対して、多くの機能に深く関わりがあるホルモンで、女性ホルモンには卵胞ホルモンや黄体ホルモンがあります。この2つのホルモンの増加や減少からは、生理周期のリズムや妊娠出産も成立していることがわかります。

低用量ピルには少量の卵胞ホルモンと黄体ホルモンを配合していますが、とても少ない量の女性ホルモンを補充することにより、女性の生理や妊娠をコントロールすることができます。パートナーに頼ることなく避妊を行うことができるのも、ダイアン35と同じになります。避妊効果が高く正しく服用している時に避妊率は100%と言われるほどで、ジネット35には3つの作用による効果を発揮します。排卵抑制作用ですが低用量ピルにより、脳下垂体から女性ホルモンがたくさん分泌されていることは、妊娠している状態と認識しているので排卵が起こりません。

子宮内膜の増殖を抑えながら受精卵を着床しにくくする作用もあるので子宮内膜が増殖することなく、それにより着床しにくいということで妊娠が成立しなくなります。黄体ホルモンの作用により子宮頸管の粘膜を変化させますが、精子が子宮に侵入できなくなる作用です。これらの段階によって妊娠を回避することができるので、避妊効果があるとされています。服用を中止することで排卵が再開するので、将来妊娠しない体になる心配はありません。

低用量ピルは排卵を抑制しながら卵巣や子宮を休ませることができ、ホルモンバランスを整えるために避妊目的以外でも使われます。月経困難症や月経前症候群・子宮内膜症・不妊症・更年期障害や大人ニキビなど、多くの治療に対しても有効に働きます。ジネット35の効果が特にニキビや軽度の多毛症を改善しますが、継続的に服用することで、皮脂腺の余分な発達原因になる男性ホルモンの過剰分泌を抑制します。今までのピルよりも体の負担が軽減されていますので、ピルを服用する人にとっても服用しやすくなっています。