• ホーム
  • 男性ホルモンを抑えるジネット35はバストアップや美肌の効果も期待できる

男性ホルモンを抑えるジネット35はバストアップや美肌の効果も期待できる

悩んでいる女性

ジネット35には生理不順を改善したり、生理痛・PMS改善や、避妊効果・ニキビや肌荒れの改善が期待できますが、さらに期待されることはバストアップや美肌などの面になります。特にアジア人向けで小柄な体型に合わせて作られているので、日本人の体質にもよく合うということで若い女性からも人気があります。肌荒れやニキビの改善も期待することができますが、バストアップに対してより高い期待を持っている人も多いです。女性らしい体を作るジネット35ですが、中にはバストアップの目的で一部の男性からも支持されています。男性化を抑える薬としても注目を浴びているほど、美容面で優れている低用量ピルと言えます。

男性化を抑えるということは多毛症や、ホルモンバランスが乱れることで起こるニキビにも効果があると言えます。副作用は少ない薬といて知られているジネット35ですが、女性の肌は特に女性ホルモンの分泌量によって左右されることがわかっています。女性ホルモンよりも男性ホルモンの分泌が多くなってしまえば、肌や質感が男性ぽくなります。男性ホルモンの量が多い人の肌には、体毛が多かったり濃かったりしますし、毛穴が目立ったり化粧ノリが悪いケースもあります。女性ホルモンの分泌が多く安定している人の肌は、毛穴もきめ細やかで化粧ノリが良いですし、さらに体毛が薄い傾向です。

ジネット35はこのようなホルモンの分泌を適切に保つことができるので、女性の美容面で大きく役立ちます。効果が出るには3?4ヶ月くらいはかかります。細胞は、体の中へ取り入れた食物や飲み物で成り立っていますので、体に悪いと言われるものばかりを食べていると、それが腸内環境を悪くし太ったり肌荒ればかりが起こります。体は3ヶ月前に摂取したものが表面に出てきているのですが、ジネット35も同様で体の中・上面をすべて作り変えるためには、最低でも3?4ヶ月の期間が必要になります。

主な副作用には頭痛や腹痛・吐き気や下痢・むくみ、食欲減退や胸の張りが見られますが、重大な副作用としては血栓症が挙げられます。血栓症に気を付ける時は長時間同じ姿勢を続けないようにすることと、ストレッチや軽いスポーツをし、水分をこまめに取り水分不足を避けます。これによりリスクを下げることができますし、頭痛や吐き気などの副作用に対しては2ヶ月くらいで消失します。体の中の女性ホルモンが安定するまで服用が続きますが、慣れてくると症状が治まります。